<< 色々言われているけど、いい女の子だと思うがなぁ | main | 下痢 >>

スポンサーサイト

  • 2009.12.05 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


残念・・という気持ちもあるし、やはり・・という気持ちも

星野阪神が好きだったオイラにとって、今回の北京五輪の監督就任は嬉しいものだった。

ただ一抹の不安も正直あった。
というのも、星野監督はリーグ優勝はするんだけど、日本一にはなれなかったということ。短期決戦の際の采配が今ひとつなのかな?という不安です。
短期決戦だから運も見方につけないと勝てないと思うんだけど、この運も星野監督に欠けているんのかなぁって思ってた。


今日、二度目の韓国との試合。
序盤、運よく先制したものの、リリーフ陣が崩壊。

岩瀬は緊張した場面をよく経験はしている筈ではあるものの、素人目にはやはり、岩瀬は前回のこともあるし、まずいんじゃぁ・・・と見えていた。
星野監督自ら岩瀬に激を飛ばしたけど、一番最悪の結果に。
続投させたのは星野監督らしいと思う。

TVで見ているオイラには、現場の空気や各選手の体調、雰囲気とか当然分からないから、岩瀬の続投が良かった悪かったとか判断すべきじゃないと思うんだけど、しかし・・・。

ただまぁ星野監督の采配以上に、運に見放されている気がするんよね。
この五輪もそうだし、日本一になれなかったのも。


金メダルは逃したものの、まだ銅メダルの可能性は残ってるし、気落ちせずに頑張ってほしい。

「申し訳ないです」痛恨の黒星、星野監督険しい表情
JUGEMテーマ:スポーツ



スポンサーサイト

  • 2009.12.05 Saturday
  • -
  • 18:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
categories
links
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
  • 会えないと寂しいなぁ・・
    (09/17)
recent trackback
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM